ゲイとの出会い

サウナでゲイとの出会いを果たした人は結構いるんじゃないかと思う。
僕は週末は全国各地の酒蔵に足を運ぶ小旅行を趣味にしているのだが、酒蔵と言うものは交通の便がさほど良くないところにあるので、だいたいが泊りがけだ。その酒蔵で作られた旨いお酒を美味しいアテとともに楽しみたいしね。
で、夜はお金の節約のために24時間サウナに泊まることが多い。が、地方のサウナと言うものが結構クセモノであり、ゲイのハッテン場と化しているケースがあったりする。
まあ、直接的な被害に遭ったことはなくて、サウナ上がりにじーっとこちらを見ているおっさんがいたりするくらいだ。そんなおっさんの視線に思わずケツの穴がキュッと締まったりしたものである。
ゲイの方々はこう言うところでアイコンタクトを交わしてゲイとの出会いをしているのだろう。だから、そんなサウナに何も知らずにノンケが入ってくると言うことは、彼らにとっては男湯に女性が入ってくるようなものなのではないだろうか。そのシチュエーションに置き換えてみたら、おばあちゃんや小学生じゃない限りは、少々のブサイクでもドキドキするはずだ。ゲイの方々ならばサウナに行けば、毎日混浴気分を味わえる。ゲイってある意味幸せだよな、と地酒で酔っ払った頭で思うわけである。
ノンケを落とす為にゲイサポ掲示板のノンケにアマギフを先渡し
でも、最初の頃はそんなゲイの視線が不気味で二度とそんなサウナには行くまいと思ったものだが、最近は何とも思わなくなってきた。アイコンタクトを受けなければ、ゲイではないと彼らは認識してくれる。例えはアレだが、本物のヤクザは堅気には手を出さない論理と同じであることに気づいたのだ。逆に僕のお世辞にも立派とは言えないチンコをチラチラと見てくるゲイに対して、ちょっとかわいいなと思ったりもする。すると、だんだん奥ゆかしいゲイの方々が愛おしくもなっている自分がいる。
とは言え、僕はマッチングアプリで酒蔵巡りに付き合ってくれるカノジョを募集しているような、至ってそっち側はノーマルな男性であり、ゲイに転向することはないと思う。もっとも、マッチングアプリでは全く成果が出ず、未だに孤独に酒蔵巡りを続けて、全国各地のハッテン場サウナでゲイの方々にチンコを見せまくっている日々である。
単なる露出狂じゃん!
テレフォンセックス掲示板
テレH掲示板