俺の不倫ライフのスタートはPCMAXへの登録から始まりました。
そして、数多くのライバルたちから選んでもらうさまざまなテクニックを考えました。
女性が書いた日記にアプローチすることも、そのひとつでした。

 

さらに、ただ単に俺が気に入った女性にコメントするわけではありませんでした。
ターゲットの女性を絞り込んだのです。
オーソドックスなのは当然、主婦や熟女でしょう。
不倫にはもってこいですから、それは確かに正しい選択だと思います。
しかし、主婦や熟女以上に構ってほしい女性たちもいるのです。

 

それは、精神面で不安定な部分を持つ、いわゆるメンヘラと呼ばれる女性たちです。
メンヘラは自分を卑下するコメントを日記につづっている傾向が見られました。
「私なんか、どうなってもいい」
「死にたい」
「リストカットの経験がある」
このようなフレーズがあれば、メンヘラの可能性が高いと思われます。

 

このような女性の日記に対して、俺は積極的にコメントしました。
「気持ちはわかるけど、こんな方向で考えてみると、また違った楽しさや喜びが見つかるよ」
「すべてを悪く捉えてしまっては、自分が損をするだけだよ」といった感じでコメントしました。

 

このようなコメントを送ったからといって、必ず女性からのリアクションがあるわけではありません。
それでも、闇雲にメールするよりも高い確率で返信がきました。
そして、メールのやり取りを重ねた後、直接会って相談に乗るパターンです。
食事をしながらアルコールの力を借りて、不倫の関係に発展していくことができました。

 

不倫SNSと銘打ったアシュレイ・マディソンなどにも関心を持っていました。
しかし、PCMAXは、さまざまな女性を分類して攻めることができるメリットが大きかったと思っています。